Tag: ソロギター

最強の英語勉強法は、やっぱりこれ。

ずばり映画です!映画の台本読み込んで、発音してみる。映画を観て確認する。僕も英語学習は本当に色々試しましたが、この作業の繰り返しが本当に最強だと思います。


映画が好きな人は英語の上達早いと思います!好きな映画を繰り返し見てセリフを覚えて…って完全に遊びですよね。楽しいから続きますし続くから上達します。
そして、映画以外のオススメはこれ!TED Talksです。


専用サイトでは文章が全て書き起こしてあるのでめちゃくちゃ勉強し易いです。英語の勉強のためのサイトなんじゃないかと思うくらいです。これが無料なんだからすごいなぁ…。

TEDは話が豊富だし、スピーカーのレベルが高いのでとても良いです。10〜15分と、繰り返し易い長さなのもナイス!僕は文章だけワードにコピペして、プリントアウトして音読してます。

とにかく興味あるものから入ること!それが継続の鍵です。楽しんでやりましょ!

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ
お気軽にどうぞ!

Share on your SNS

鹿児島ウィークでした。


カレーフェスタ2デイズからのMBC「かご4」出演!地元で楽しく過ごした週末でした。

金髪のバイオリニスト・NAOTOさんとのセッションもあり!音楽監督やコンサートだけでなく、「のだめカンタービレ」での役者業など幅広く活動しているNAOTOさん。素晴らしい演奏にビシビシ刺激を受けました!


「かご4」ではおなじみの柳さんと、初めましての下山さんと!ギターを持たずに番組出演するのは初めてでしたが、意外と良いものですねぇ…コメンテーターの気分を少しだけ味わえました。笑


鹿児島の皆さん、10月20日のソロライブ是非宜しくお願いします!

◾️10月20日 「琥珀の月の物語」鹿児島公演
会場 キャパルボ 3階「Live Heaven」

開場 18:30 開演19:00

料金 ¥3,000(ワンドリンクオーダー)

ご予約はこちらから!

ところで、愛用の文房具の一つに消せるボールペン「フリクション」があるのですが…なんと!このフリクション、マーカーもあるんですね。すごい!


マーカー使うことあんまり無いけど笑、つい買ってしまいました。

鹿児島のライブまであと二週間、頑張ります!

<ライブスケジュール更新してます!>

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

Share on your SNS

[TV出演] MBC「かごしま4」に出演します。

10月9日、MBCにて放映中の「かごしま4」に出演します!放映時間は15:50〜16:50、逆瀬川剛史の出演時間は未定です。

10月20日のソロライブの告知もさせて頂きます!是非ご覧下さい!

かごしま4 公式ページ

Share on your SNS

英語はノリ、とは言うけれど

英語をコツコツ勉強してると、「英語なんてノリだ!伝わればオッケー!」みたいなことを言われることもあります。

もちろん、ビギナーの時は間違いを恐れて話せないよりは、まずはノリと気合いで乗り切ることが大事です。しかしずっとそのままってのもどうかなと。

やっぱり、言葉は力だと思うんです。知性やユーモアは言葉の端々から感じられるものですよね。日本語では大切にしてるはずなのに、英語になると「ノリっしょ!」ってなるのもおかしな話で。

先日、海外のファンから英語でメールが来ました。彼は英語があまり出来ないのですが、なんとか頑張って書いてくれたようで、目を通すと…

“You can send me tab” (お前の譜面、もらってやってもいいんだぜ。)

いやいやいや!意味は分かるんだけどさ。「譜面を頂けませんか?」って書きたかったんだと思うよ。でもすんごい失礼な文になってるよこれ…ってなるわけ。

実際のところは礼儀正しい人なのかもしれないけど、この英語のせいで僕の中での彼の第一印象はかなり悪いです…笑

あとネットにあった話で…自分の英語に自信のない日本人が、上司に「僕の下手な英語を理解出来ますか?」と聞こうとして、

“Do you understand my fucking English?” (てめえ俺の英語分かってんのか)

って言ったらめっちゃ怒られたとか。そら怒るよ!笑

逆に、美しい表現に出会うこともあります。中国で僕を助けてくれているWang君の英語はとても知性に溢れていて、例えば

“Do you want to have Chinese quisine tonight?”(今夜は中華料理にする?)

という言い方をするんですね。夕食はもちろんdinnerでもいいわけですが、quisineという単語を使うと、ちょっと高級なレストランの絵が浮かびます。このさじ加減が彼の知性を感じさせるわけですね。

と言うわけで、言葉は大事だよってことで単語のオススメ教材を一つ・・・Z会の「速読英単語」シリーズ。懐かしっ!


このシリーズは受験用の学参ですが、とてもよく練られています。巻頭にもある「あるべき理想の教材を目指して作られた」という言葉に偽りなし。新しい単語が、次の章では当たり前の単語として再登場するので記憶に定着しやすいです。

音声は別売で2,000円と少し高いですが、英会話教室の一回分のレッスン代より安いと考えたらいいかと。コスパの高さは保証します。使う時はちゃんと音読してみて。既にある程度のレベルにある人でも、文章を読むトレーニングになるのでいいと思います。


これはTOEIC対策の単語帳。TOEICの単語は受験英語とは違いますね。僕はTOEICは受けたこと無いし受ける必要もないのですが、この単語帳は良く出来てると思います。音声はサイトから無料ダウンロード可能。

映画が一番オススメの勉強法だということは今でも変わらないのですが、映画だけだとどうしても文語的な表現に触れる機会が少なくなるので、こうやって単語を増やしていくとまた成長出来ると思いますよ!

海外在住経験なし、留学経験なしでも話せるようにはなるんだと感じてもらえたら、と思って書きました。僕もまだまだ学びの途中。頑張りましょ!

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

Share on your SNS

終奏・琥珀の月の物語


無事に終えることが出来ました!たくさんのご来場ありがとうございました。

僕のライブは、みんなで盛り上がろうというものではありません。一人ひとりが、それぞれの想いを静かに持ち帰ってくれれば良い。そう思っています。

人間は結局のところ一人ぼっちです。

一人で悩んでどうしようもない時、明日が見えなくて辛い時、一曲の愛聴曲に救われることがあります。

ネットを漁ればいくらでも音楽は出てきますが、一人の人生に必要な曲は実はそんなに多くないのかもしれません。

泣いてる人に静かに寄り添ってくれるような、一緒に泣いてくれるような、そんな音楽を作り続けたいと思います。

そして、人間は結局のところ一人ぼっちだということを受け止めた時に、家族や友人との時間が真に輝いて見えるのだと思います。

これからもギターとともに旅をし、心を動かし、表現していきますので、応援の程宜しくお願い致します!

Share on your SNS

大きく変わりつつあるギタースタイル

明日に迫りました!逆瀬川剛史ワンマンライブ「琥珀の月の物語」。

福岡市では久しぶりのホールワンマンということで、とても良い音でお届け出来ると思います。ギターの音色を味わいに来て下さい!

さて、今日はちょっと変わった視点からギターを語りたいと思います。

ソロギターでは、変則チューニングを当たり前のように使いますよね。

僕もソロギターを始めてからずっと変則チューニングを使い続けてきていました。でもここ2年ほど、スタンダードチューニングの比重をかなり上げています。

その理由の一つに、「みんなにも、もっとスタンダードチューニングで弾くようになって欲しい」ということがあります。

ソロギターの愛好者の中には、スタンダードチューニングの理解が浅いまま変則チューニングの世界に入ってしまった人が結構います。TAB譜依存から抜けられなかったり、音楽的な理解が出来ていないままなんとなく曲を弾いてしまったり・・・思い当たる人は多いと思います。

例えば押尾コータローさんの曲はめっちゃ上手に弾けるけど、弾き語りの伴奏が出来ないとか、キーを変えて弾けないとか。

それってマッスルメモリーで弾いてしまっているわけで、そんな状態で弾き続けていても音楽的な自由は得られないと思います。(押尾さんはスタンダードチューニングでも鬼のように上手ですよ。誤解なきよう)

そういう人には是非、スタンダードチューニング縛りで数ヶ月過ごして欲しいと思います。

右手のテクニックはあるわけですから、あとは同じチューニングで音楽を定点観測することで音楽的な理解を深めていけます。

ただ・・・「スタンダードチューニングの曲はつまらない、変則チューニングの方が面白い」と思う人も多いと思います。

僕がいくら「スタンダードチューニングで弾きましょう」と言ったって、本人の心が動かなければ意味がない。

それならスタンダードチューニングで魅力的な曲を作ろう、面白いアレンジをしようと思い始めたのが2年前。

その流れで出来たのが、「琥珀の月」や「Dizzy Drive」といった曲です。

トミー・エマニュエルのようなカントリー系とも違う、「ソロギターのしらべ」のようなシンプルなアルペジオ系とも違うアプローチで、もっとオープンチューニング的なアプローチで作曲しました。もちろんスタンダードチューニングです。

こちらはアレンジもの。

まだネットにアップしてはいませんが、まだまだたくさんの曲・アレンジをスタンダードチューニングで作っています。

僕の曲を弾きたいと思った人に、弾いていて後悔させないようにしたかった。つまり弾いていても楽しいし、音楽的理解も自然と深まるようになっている。

ダイアトニックコードや度数などの小難しい話も、こういった曲をやった後に聞くとスッと腑に落ちるはずです。そうなると、もはやTAB譜不要になってきます。(その話もいずれまた。)

ギターは面白いです。ギターという楽器を選んだ皆さん、良い選択をしましたよ。

微力ながら、その魅力を伝えていけるよう頑張ります。

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

Share on your SNS

いよいよ明後日です!

<FM福岡でCM放送中!>

ホールワンマンライブ「琥珀の月の物語」が迫ってきました。9月23日(土)、西南大学コミュニティセンターホールです。

ご予約受付中です。皆さん応援のほど宜しくお願いします!

そ・し・て!

なんと、韓国にてCDがリリースされました。LON MUSICというメジャーレーベルです。つまりメジャーデビューということです。

ジャケットの基本仕様は同じですが、中はハングル表記になっています。

これからどうなるか分かりませんが、韓国の皆さんの手に取りやすい状況になれば嬉しいです。

LON MUSIC

さてさて国内では・・・先日、西日本新聞夕刊にて紹介して頂きました!

ウェブ版もあるそうで・・・こちらからご覧下さい!

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

Share on your SNS

本に手伝って八宝コチュジャンだった

9月も行ってきました中国!今回は初の四川省。辛いものが待っている!

今回は二胡の里地帰さんとのデュオもあり!現地で合流して早速ふざけあって大爆笑。

台湾のエレキギタリスト、Martyさん(左)!今回は彼とのジョイントです。重慶、成都と二箇所にて昼夜公演と超ハードスケジュール。

会場大きかった!音も良かったです。

ソロもあり、デュオもあり!

ホノルルから始まり台北、メルボルン、上海、福州、海口、重慶、成都と今年もたくさん海外へ行きました。これにて今年の海外公演は終わりかな。国内でもやりたいことがたくさんあるので、創作の秋・制作の秋にしようと思います。とかいってまた海外行ったりして・・・。

超過密スケジュールでしたが最後には少しだけ観光を!成都のスタバ。こりゃすごい。笑

運気が上がりそうな玉座。本格四川火鍋を頂きました。めちゃくちゃ辛くて、僕もさと兄も最後の方はだまーってましたね。笑 でも美味しかった!!

Martyバンドの皆さん、Ericさん、Graceさん、そしてさと兄お疲れ様でした!来年、またこの地に戻って来れますように。

おまけ。こういうの大好きでつい撮っちゃいます。笑

いいねぇ。いいよぉ。

思っ飯 d(^o^)b

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

Share on your SNS

秋風とともに

今日はRKBラジオ「博多熱風塾」の収録でした!

大庭宗一さんと富永倫子さんによる、落ち着いた語りとふんわりしたユーモアが素敵な番組。

ライブの宣伝もしっかりやって頂きました!もちろん生演奏もあり。

放送は9月10日(日)。番組開始は12:55、逆瀬川剛史の出演時間は13:20頃です。是非お聴き下さい!

博多熱風塾

さて、また爪の話になりますが・・・頑張ってますよ、生爪で!

色んな人に、「絶対またスカルプチャーに戻すと思うな〜」と言われながらもまだ粘っております。スカルプチャーで傷んだ部分は弾いてるとすぐ削れていってますが、新しく生まれてくる爪は十分な硬さがあります。薬指はもう完璧ですが、親指と人差し指がまだまだ・・・早く生え変わっておくれ!

まだ弾きにくさはあるけど、このウッディで温かい音はかなり魅力的です。ラインを通すと明らかに低音の出方が違うんですよ。プレーン弦を弾いていても低音の成分がしっかり出ているのが分かります。ピエゾにありがちなキンキン感も出ない。

あと、僕の場合は生爪の方が明らかにリズムよく弾けるようになりました。柔らかくも正確に入る感じ。スカルプチャーだと頭で考えてから実際に撥弦するまで若干タイムラグがあるように思います。でもスカルプでも上手にやる人はいるのでこの辺は個人差があるかと。

これだけ生爪を推しといてスカルプチャーに戻したら、笑い者だなー。頑張ります。

さて、実は明日から中国です。今回は重慶と成都。中国国内はこれまでに何箇所も回っていますが、この二都市は初めてです。本物の四川料理が楽しめるかな。

今回は二胡の里地帰さんと一緒。さとにいとのツアーは香港・台湾・ハワイと続いて四回目!彼とは笑いのツボが似てて、毎回爆笑の旅になるんですよね。今回も楽しみ。

そういえば、中国の大河ドラマ「軍師連盟」にs.e.n.s. projectメンバーとして楽曲提供をしたのですが、前回中国に行った時にそのドラマのバス広告を発見しました!

ブレブレやがなっ。でもこうやって見ると、「ちゃんと放送されてるんだなー」と感動します。

作曲の仕事は本当に充実を感じますね。東大寺奉納アルバムもそろそろ本腰を入れる時。凛としたアルバムに仕上げたいです。

福岡の方は、9月23日のワンマンライブ「琥珀の月の物語」是非宜しくお願いします!早めに予約を入れて僕を安心させて下さい。笑

新曲もやりますよー!ご予約はこちらから。

中国から戻る頃には更に涼しくなってるかな。

<ライブスケジュール大量更新してます!>

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

Share on your SNS

ここがすごい!エリクサー弦

僕はエリクサーのナノウェブ(ブロンズ)を使っています。ソロギターを始めた当初からずっと使っているお気に入りの弦。

ゲージはライトを選択。ミディアムやエクストラライトだけでなく、カスタムライトという少しアレンジされた弦もあるのですが、結局いつもライトゲージに落ち着きます。

ポリウェブよりナノウェブ派です。

弦は本当にたくさんのメーカーを試しました。それぞれに特徴があって面白いのですが、僕のスタイルにはエリクサーが一番合っているようです。

今年の初めに、エリクサーの会社である「日本ゴア」さんにてディスカッションの機会があったのですが、そこでエリクサーの工法の仕組みを知り、一層ファンになりました。

なんとゴアは元々コーティングの独自の技術を持っていて、人工衛星や医療機器、スポーツ用品など実に様々な分野のコーティングに関わっている化学の会社なのです!

日本ゴアオフィシャルページ

そのコーティングの技術を弦の世界に応用したらどうなるか?というのがゴアの挑戦でした。そこからエリクサーが誕生したんですね。

職人大好き人間としては、こういう技術の話には胸が熱くなってしまいます。

そしてその技術は常に進化してるんですね。この10年でエリクサーもどんどん進化していて、よりナチュラルな音が出るようになっています。

この薄くて均等なコーティングは、人工衛星のケーブルのコーティングなどをやっていたゴア社の高い技術力があって始めて可能になるもの。

昔はすごくツルツルの弦という印象でしたが、今では通常の弦と同じような触り心地になってきています。もちろんエリクサーならではの弾き易さは健在。

海外ツアーのような過酷な環境でも、気持ちの良い音色を保持してくれる素晴らしいアイテムです。

昔使って合わなかったという方も、是非今のエリクサー弦を試してみて下さい。また違った印象を受けると思いますよ!

<ライブスケジュール更新してます!>

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

Share on your SNS