Category: 感じたこと・考えてること

隙間時間が最もクリエイティブな理由

作曲のアイディアやブログの内容、その他多くのアイディアは隙間時間に生まれます。

特に移動時間、飛行機や新幹線に乗ってる時やライブ会場まで歩いている時などに「これだ!」と閃くことが多いです。

逆に「この時間は全て考えることに使おう!」と思って時間を用意しても、いい考えなんて殆ど降ってこない。なんでだろう?と考えてたことがあります。

25歳の時に予備校講師の仕事を辞めてギタリストになった時、「さあこれからは毎日好きなだけギターを弾けるぞ!」と思ったものです。

しかし不思議なことにその瞬間から、僕の中でギターが輝きを失っていくことに気付いたのです。

皮肉なことに、予備校講師の合間を縫って隙間時間に弾いていた時の方が様々なアイディアに溢れていたのです。これには戸惑いました。

では擬似的にそういった状況を作り出せないか?ということで英語の勉強会を主宰したり、ワークショップをしたりしてみました。そうすると、段々と自分の中でギターに対するモチベーションが回復してきます。「やべえ、今めっちゃギター弾きたいんですけど!」となる。そうすると、非常に健康的にギターと向き合えます。いわば、久しぶりに会うと嫁が綺麗に見えるのと同じ。いや違うか。(※逆瀬川は未婚です。)

僕が普段から、自分の中に複数の軸を持つことを勧めているのはこういう事情なんです。

人間は、「好きなことを好きなだけやっていいよ」という状況に置かれると、うまくいかないように出来ているのかもしれません。

周りを見渡すと、このジレンマにハマっているアーティストや職人は多いと思います。

色々、やってみていいと思いますよ。

逆瀬川剛史ライブ情報はこちらから!

ライブ・セミナーのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

【僕が使っていたSkype英会話サービス2選。無料体験だけでも2回ずつ話せるのでオトクです。】

・DMM英会話

英会話

・レアジョブ

Share on your SNS

僕が速読が嫌いな理由

たまに年間何百冊読んでますと読書自慢をする人がいるけど、どんな本なのか聞いてみるとなんてことはない。会話を書き起こした程度のエッセイや薄いビジネス書、金太郎飴みたいにみんな同じことが書いてある自己啓発書の類ばかりです。

本当にいい本は読者を立ち止まらせます。さらっと読み流すことが出来ないのです。数ページ読んだあと、とんでもないものを読んでしまったと興奮に震えながら、一旦置いて部屋の中をウロウロする。そんな高揚感を覚えることような本が世の中にはあります。

速読でさらっと読めるような本には、自分の中で引っかかる所がありません。だから何冊読んでも、自分の生活を変えるような決定的な体験は得られないと思うのです。

SNSに慣れてしまうと、ある一定のボリュームの文章を読む力が無くなっていくように感じます。我慢が出来なくなるのです。そこで、一発で分かるような分かりやすい刺激的なタイトルや文章がSNSマーケティングとして登場します。それはマーケティングとしては上手いのでしょうが精神的には非常に貧しいと思います。

優れた文章は、早食いするのではなくじっくり味わいたいものです。

逆瀬川剛史ライブ情報はこちらから!

ライブ・セミナーのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

【僕が使っていたSkype英会話サービス2選。無料体験だけでも2回ずつ話せるのでオトクです。】

・DMM英会話

英会話

・レアジョブ

Share on your SNS

ちょっと大げさに捉えられてる気が。笑

シドニー行きについて各所からたくさんご連絡頂いててびっくりしてます。様々な憶測が飛び交っているようですが、移住するわけではないですよ!

そもそも海外に住むというのは、ビザの関係もありなかなか難しいのです。特にミュージシャンは大変です。こればかりは情熱ではどうにもなりません。

ただ、一定期間、英語圏でゴリゴリ演奏に集中したいというのは昔から思ってたので、それを今のタイミングでチャレンジしようと思ってて。

「ギター×英語」って、最強の国際ツールだと思うんですよ。まあお金にはならないと思うけど。友達増えそうじゃないですか。笑

僕は人生は「死ぬまでの思い出作り」だと思うんです。

そして僕にとってギターは、その思い出を音に刻みつけることの出来る魔法のツールです。

そんなわけで、シドニー超不安ですが頑張ってきます。やるからには全身全力で!

見参!白浜久。

白浜久さんソロライブにゲスト出演してきました。

福岡のみどりや食堂さん。居酒屋の座敷がステージに早変わり!機材も揃ってて、音も良い。こうやってみんなで集まってワイワイ音が出せるスペースがあるのはとても良いですね。

白浜久さんと、則松さん(長崎国際テレビ)。

白浜兄さんとの初セッションも叶いました。サイモン&ガーファンクル「April she will come」をデュオでしっとりと。

お疲れ様でした!

逆瀬川剛史ライブ情報はこちらから!

ライブ・セミナーのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

【僕が使っていたSkype英会話サービス2選。無料体験だけでも2回ずつ話せるのでオトクです。】

・DMM英会話

英会話

・レアジョブ

Share on your SNS

クリスマスライブ満員御礼!&これからの音楽家の在り方

クリスマスライブ満員御礼ありがとうございます!ご予約は締め切らせて頂きました。

さてシドニー行きに向けて準備をせこせこ・・・

前回の教訓もあり、出来るだけ軽装備で行こうと思ってます。なんてったって前回は、普段ライブで使っているBose L1 Compactを持って行ったからね・・・。もう少し軽いアンプにしないと。AERのアンプ買おうかなぁ。

さて音楽業界は年々縮小気味と言われます。それについて専門外の人がエラソーに「ライブ配信の時代だ」とか「YouTubeでプロモーションだ」とか言ってますが、ただネットで聞きかじった情報を繋ぎ合わせただけの言葉には重みが感じられません。

話を「音楽業界」って一括りにしてしまうから、全てが他人事のように話される。何か特別な仕組みが全て解決してくれるのではないかとアーティストも期待してしまう。でも残念ながら、答えはネットには書いてありません。

例えば「カバー曲をYouTubeに上げまくってヒットを狙うのがいい」なんてしたり顔で言う人がいますが、それくらいのことは誰でも思いつくわけです。ただ、そんなことが本当にそのミュージシャンのやりたいことかと言うと疑問が残ります。だってもし仮に、僕の大好きなピアニストのジョヴァンニ・アレヴィが、日本での知名度を高めるためにAKBの曲を弾いてみましたとかやったら幻滅するもん。本人もファンもそんなことは望まない。

いやいや、アイドルの曲とかじゃなくて他にもあるでしょ、坂本龍一さんとか・・・っていう意見もあるかもしれないけど、じゃあジョヴァンニが「戦場のメリークリスマス」を弾いたらいいかっていうと、それもなんか違う。

結局のところ、ジョヴァンニとファンが、彼自身の生み出す音楽によって結ばれることが一番大事なんだと思います。ジョヴァンニにはジョヴァンニの曲を弾いて欲しい。

音楽も料理と同じで好き嫌いはあるのだから、100人中100人にウケようとするようなことはしなくていい。最大公約数を取りに行った時点でアーティストとしては死ぬと思います。

自分の音楽を「消費」から守るために、長く長く聴き続けてもらうために、「やらなくても良いこと」を明確にすることの方が大事なのでないでしょうか。

逆瀬川剛史ライブ情報はこちらから!

ライブ・セミナーのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

【僕が使っていたSkype英会話サービス2選。無料体験だけでも2回ずつ話せるのでオトクです。】

・DMM英会話

英会話

・レアジョブ


Share on your SNS

新たなる旅立ち

突然ですが、ちょっと長期でシドニーへ行くことにしました。12月30日に出発予定です。

それに合わせて色んなことが変わっていきそうです。

もちろん、ちょっとの間海外にいたからといって何かが大きく変わるものでもありません。でもその後に見据えている姿があるのです。

ここでもう一度原点に戻って、自分のやりたいことを見直していこうと思います。

曲を作ることと、演奏をすること。シンプルにこの2つのことだけを考えて、がむしゃらにやってみたいと思います。

そうやって、「ギターとともに生きる」ということに全力で向き合ってみたいと思います。

なんてったって僕はギタリストなのですから。

レッスン生の皆さんにはこの場を借りて暇を乞わなければなりません。

そして来年以降のお仕事を振って下さった関係者各位、お断りしたことをこの場を借りてお詫び申し上げます。その分、今よりずっと逞しくなって帰ってきたいと思います!

海外での様子も、愛するこのブログとYouTubeとでモリモリアップしていきたいと思います!(僕はどうやら、SNSにはあまり愛情を注げないタイプの人間のようです。)

最後に、僕が尊敬するギタリストの一つの姿をシェアしたいと思います。

これぞアート!

逆瀬川剛史ライブ情報はこちらから!

ライブ・セミナーのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

【僕が使っていたSkype英会話サービス2選。無料体験だけでも2回ずつ話せるのでオトクです。】

・DMM英会話

英会話

・レアジョブ

Share on your SNS

ギター以外の楽器で何が一番好きか?という話。

自分の担当楽器以外で何をやってみたいかということが、ミュージシャン同士でよく話題になります。

チェロ、バイオリン、二胡、ドラムなどそれぞれ色々な楽器を挙げるのですが、僕はなんといってもピアノです。

ピアノの音色ってなんであんなにいいんでしょうね。特にギターと絡んだ時のあの響き合い・・・アコースティックギターとピアノのコンビネーションはこの世で最高に美しいものの一つだと思っています。

生のアップライトピアノの響きがまたいいんだな。電子ピアノでは到底出せない空気感。そしてグランドピアノほどではない適度なボリューム感。ああ欲しい・・・(下手だけど)。

どこか生のアップライトピアノを自由に弾いていいとこないですかね?うちで弾いていいよという方いたら是非ご連絡下さい(下手だよ)。

しかし世の中不思議なもので、ピアノ弾ける人はギターに強く憧れるそうなんです。うちの生徒さんでもピアノ経験者はわりと多くて、「ピアノは弾かないんですか?」と聞くと、今はギターのほうに興味があるのだと。ピアノ弾けるって羨ましいなぁと言いながらギターを教えるのでした。

実は一つ夢があって・・・いつかピアノが上手くなって、ヨーロッパの路上でいきなりブワーッとピアノを弾き始めるの。オリジナル曲。「なんだアイツ!」ってなって、どんどん人が集まって、バーンと弾き終えて立ち去る。っていう(笑)。

ギターでやればいいじゃんと思うかもしれないが、ピアノでやってみたいのだ。理解出来ないかもしれないけど、夢なんてだいたい他人には理解不能なものだしね。

と、いうわけでうちのピアノ使っていいよという方がいたらご連絡下さい(再)。

逆瀬川剛史ライブ情報はこちらから!

ライブ・セミナーのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

【僕が使っていたSkype英会話サービス2選。無料体験だけでも2回ずつ話せるのでオトクです。】

・DMM英会話

英会話

・レアジョブ

Share on your SNS

急ですが・・・クリスマスライブやります!

12月22日福岡の素敵なバーにてクリスマスライブを行います!元々今年はクリスマスライブの予定はありませんでしたが、マスターの粋な図らいで演奏することになりました!以下情報です。

■2017年12月22日(金)  逆瀬川剛史クリスマスライブ
会場:BAR 仲希(NAKANO)
福岡市中央区今川1-10-52-1F
開場 19:00  開演 19:30
電話 080-8573-4785
料金:2,500円 要1ドリンクオーダー

ご予約はいつも通り、ライブ情報よりお願いします!(お店に直接お電話でも可)

また、12月9日にはロックバンド・ARBのギタリスト「白浜久」さんのライブにゲストでちょこっとだけ出演させて頂きます。白浜さんは福山雅治さんなど数多くのミュージシャンのプロデュース・楽曲提供を行ってきた方で、筋の通ったカッコイイアニキです。男にモテるタイプの人です。笑

[お詫びと訂正]当初12月8日と表記してましたが12月9日の間違いです!9日にお待ちしてます!

■2017年12月9日(土) 白浜久Acoustic Gig 年忘れ闇鍋ライブ
会場 みどり屋食堂
福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1−26
開場 17:00 開演 19:00
Mチャージ¥2.500(要オーダー)
※こちらの予約は逆瀬川剛史ホームページでは受け付けていません。御予約はメール(info@pandars.net)
もしくは、092-737-3311(みどり屋食堂15~23時)まで御電話下さい。
ARBナンバー、ソロ曲に加えゼップ、ビーチボーイズ、フー、シカゴ他カバー等
闇鍋ごった煮でお届けします


くぅ〜、アツい!!

さて最近の練習方法。

元々僕はものすごく感覚人間で、ギターを弾く時も「なんとなくこんな感じ」っていうように弾いてました。

その後独学で理論や方法論を学んだので、より深く音楽を理解できたつもり・・・になっていたのですが、いつの間にか理論優先で考えるクセがついてしまっていたようです。

やっぱりギターは歌わなきゃ!指板ではなく自分の気持ちに目を向けなきゃ本当の音楽は出て来ないですね。「なんとなく」でもいいから歌うこと!

作曲に関しては今まで通りで大丈夫なんですが、セッションの時は(苦手なゆえに)ついつい理屈で考えてしまっていたんです。それが仇となっているなーと。作曲もセッションも同じですな。

ギターと一つになれるよう、精進あるのみ!

逆瀬川剛史ライブ情報はこちらから!

ライブ・セミナーのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

【僕が使っていたSkype英会話サービス2選。無料体験だけでも2回ずつ話せるのでオトクです。】

・DMM英会話

英会話

・レアジョブ

Share on your SNS

Lydia’s Dream

メルボルンにいた最初の一週間はものすごく孤独だった。土地勘も無いし、どこで演奏していいのかも分からなかったしね。

あの時よく聴いていた曲がこれ。「Lydia’s Dream」

 

この曲の、なんとも言えない奥行きと切なさが大好きです。

今聴くと、旅の景色が浮かんで懐かしさと切なさでいっぱいになります。

そういえば聴くばっかりで弾いたことなかったなと思い、ギターを取り出して弾いてみると色んな発見が。そしてやはり、弾いても美しい・・・。

このギタリスト、他の曲も本当にセンスがいいです。

逆瀬川剛史ライブ情報はこちらから!

ライブ・セミナーのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

【僕が使っていたSkype英会話サービス2選。無料体験だけでも2回ずつ話せるのでオトクです。】

・DMM英会話

英会話

・レアジョブ

Share on your SNS

思い出は麻薬。

11月21日の英語セミナー、お店ページからのご予約にエラーが出る場合があるようです。

お店に直接お電話頂ければお席確保出来ますので、お電話でのご予約もご検討下さい!

<福岡天狼院>

福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435

セミナー情報はこちらから!

【福岡 11/20(月)】大人のための「やり直し英語」〜次世代を担うギタリスト15人にも選出された注目のギタリスト・逆瀬川剛史さんに「国内にいながらにして英語を習得した方法」を学ぶ!SPECIALトークイベント〜《英語学習のお悩みをお持ちの方/初参加大歓迎》

 

季節外れのBBQしてきました。この小さいセットいいなぁ〜。

炭焼きはやはり美味しい!しかしこの後火力がめっちゃ強くなりお肉が丸焦げに・・・。

静かな団地。

実を言うと僕は団地の景色が苦手です。この究極の安定感、「日常」を体現したようなその佇まいがなぜか怖いのです。

よく、芸術家は自然の中で創作に専念し・・・というように言われますが、それ本当?と思います。自然の景色が創作に生きるのは、時を経てそれが自分の中で美化された時です。美化された思い出が芸術を生むのです。自然の中でリアルタイムに作るという人もいますが、実際はポーズでしかないと思います。

人によるでしょ、と言われれば身も蓋も無い話だけど・・・。

メルボルンで出会った先輩ミュージシャンのバンド、「The Wellingtons」のジャパンツアーに遊びに行ってきました。素晴らしいライブだった!

ポップでキャッチーでありつつ狙ったような嫌らしさの無い、ハイセンスで気持ちの良いポップロック。掛け値なしにカッコイイ!

日本でも発売されているので、是非チェックしてみて。ドライブに出かけたくなること間違い無し!

The Wellingtons

東大寺へ。ミニアルバムの着想を得るために再訪。

東大寺と言えば南大門。そしてもちろん盧遮那仏。なんだけど・・・

実はものっそい広いんです。

鹿かわいいよ鹿。

二月堂より。こんな高台もあるんです。いやー広い!

現東大寺管長である狭川管長とお話も出来ました。この狭川管長がまた面白い人で・・・。

飄々としていて、人を惹き付ける力のある人です。諧謔に満ちた語りで色んなことを教えてくれました。

お寺とは会社であり、運営はきれいごとだけでは出来ない。それぞれの時代で敏腕経営者がビジネスセンスと技術を駆使して守り抜いてきたのだと。

僕らにとっては教科書の暗記事項でしかない「行基」や「聖武天皇」も、彼の語りの中では一人の人間として生き生きと描かれます。古代の人としてではなく、自分のおじいさんの話をするように話すのでとても身近に感じられます。

今回もいい奈良訪問となりました。

こちらは西南大学のギターサークル「河鹿(かじか)」。ギターアンサンブルの練習の様子を見学させてもらいました!

ソロギターとは全く違う世界で面白かったです。アコギにどう活かせるかなぁ。

 

Share on your SNS

えーと…生爪最高です。

「琥珀の月の物語」鹿児島公演、大盛況のうちに終了しました!ご来場頂いた皆さんありがとうございました!


地元ライブで古い馴染みの人が来てくれるのがとても嬉しいです。久しぶりにみんなと会うと、それぞれに人生を感じて感慨深いです。

昔は地元でのライブは割と避けて通ってきていました。もっと自分がしっかりしてからでないと、やってはいけないような気がしていて。

活動も広がり、近年では地元の色んな人が噂を聞きつけて応援してくれるようになって、嬉しい限りです。

まだまだ頑張って曲作ってライブしていきますので、見守っていて下さい!


ソロライブの翌日はアジア青少年芸術祭!「アジアん」の愛称で親しまれるこのビッグイベントに特別ゲスト出演しました!いやー楽しかった!関係者の皆さんお世話になりました!


控え室の近くの謎の部屋。これは一体…ドアを開けたら落とし穴でも待ってるのか!?


さてさて、スカルプチャーを止めて早くも二ヶ月が過ぎました。感触はというと…最高です!笑

メロディの立ち具合とリズムが格段に向上しました。もちろん爪が削れたり欠けたりはあるから、その辺りは気を付けなきゃいけないけど、今のところスカルプチャーに戻す気は無いです。

爪が硬く丈夫に育つように、日々の食生活や生活習慣に気をつけるとしましょう。なんだ、いいこと尽くしじゃん!笑


さてライブも終わったことだし…ご褒美にバッグを新調しました。

ミレストっていう、旅人をサポートする製品を数多く作っているブランド。先日教えてもらってから気になってショップに行ったら、この子が僕を呼んでいたんです…。即決でした。パソコンも入るしスーツケースの上にも載るスグレモノ!これから連れ回すから覚悟しなっ。

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

Share on your SNS