Tag: ギター

隙間時間が最もクリエイティブな理由

作曲のアイディアやブログの内容、その他多くのアイディアは隙間時間に生まれます。

特に移動時間、飛行機や新幹線に乗ってる時やライブ会場まで歩いている時などに「これだ!」と閃くことが多いです。

逆に「この時間は全て考えることに使おう!」と思って時間を用意しても、いい考えなんて殆ど降ってこない。なんでだろう?と考えてたことがあります。

25歳の時に予備校講師の仕事を辞めてギタリストになった時、「さあこれからは毎日好きなだけギターを弾けるぞ!」と思ったものです。

しかし不思議なことにその瞬間から、僕の中でギターが輝きを失っていくことに気付いたのです。

皮肉なことに、予備校講師の合間を縫って隙間時間に弾いていた時の方が様々なアイディアに溢れていたのです。これには戸惑いました。

では擬似的にそういった状況を作り出せないか?ということで英語の勉強会を主宰したり、ワークショップをしたりしてみました。そうすると、段々と自分の中でギターに対するモチベーションが回復してきます。「やべえ、今めっちゃギター弾きたいんですけど!」となる。そうすると、非常に健康的にギターと向き合えます。いわば、久しぶりに会うと嫁が綺麗に見えるのと同じ。いや違うか。(※逆瀬川は未婚です。)

僕が普段から、自分の中に複数の軸を持つことを勧めているのはこういう事情なんです。

人間は、「好きなことを好きなだけやっていいよ」という状況に置かれると、うまくいかないように出来ているのかもしれません。

周りを見渡すと、このジレンマにハマっているアーティストや職人は多いと思います。

色々、やってみていいと思いますよ。

逆瀬川剛史ライブ情報はこちらから!

ライブ・セミナーのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

【僕が使っていたSkype英会話サービス2選。無料体験だけでも2回ずつ話せるのでオトクです。】

・DMM英会話

英会話

・レアジョブ

Share on your SNS

色々やってみるといいと思います。

先日、天狼院書店さんにて取材を受けてきました!

その際、「これからクリエイターを目指す人に何かメッセージはありますか?」と聞かれました。

こういう質問はよく受けます。恐らく世間一般的に期待されている答えは「自分を信じてその道を突き進め!」ってことなんじゃないかと思います。「頑張ったら夢叶うよ!」的な。

それも一理あると思うんですが、僕はいつも「色々やったらいいと思う」と答えています。

一つの事だけやっているとどうしても近視眼的になってしまいます。

ずっと勉強ばかりしているガリ勉タイプの人よりも、スポーツも勉強も頑張る文武両道タイプの人の方が成績がいいなんてことはよくあることです。

飲食業でその道何十年、という人をあっさり抜いていく飲食未経験の人も多いです。

これは、いつもとは違う頭を使うことで、脳が活性化するからだと言われています。

そういった事実はあるけれど、一般的には「その道一本で頑張ってないとダメ」みたいな風潮がありますよね。

いいんじゃないですか、色々やってみたら。教員やりながら小説家なんて人は昔からたくさんいましたし。コメディアンでも厚切りジェイソンさんのように、IT業やりながら舞台に立つ人もいるわけだし。

僕は25歳まで予備校で現代文講師をしていたので、専業音楽家になったのはここ6年の話ですが、では予備校講師をしながらやっていた時の音楽が今より劣っていたかというと全くそんなことは無かったと思います。

当然その時から演奏料の交渉も自分でしていましたし、アルバムを作って販売していました。

1stアルバムを出版したのは23歳の頃なので、講師業二年目でとても忙しかったのを覚えています。帰ってきて夜な夜なレコーディングし、足掛け一年でようやく出版しました。

そのアルバムが海外プロモーターの耳に止まり、アジアツアーが実現したわけですから分からないものです。

講師業をやっているとツアーが出来ないというのが最大の理由で辞めたわけですが、今でも教えることは大好きです。

結局自分が生き生きと出来るのなら、何やったっていいじゃないかと。

そのほうが人間的に、単色ではなく、様々な色が混ざりあった深い色になっていくように感じています。

※インタビューは天狼院書店さんのオリジナル季刊誌の冬号に掲載される予定です!是非手にとってみて下さいね。

天狼院書店ホームページ

そしてそして!!10月20日(金)鹿児島ソロライブ、宜しくお願いします!

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

Share on your SNS