Tag: 単語

英語を英語のまま考える方法

まだ英語を上手く話せなかった時、「英語を日本語に変換するのではなく、英語のまま考えなきゃダメだ」と言われたことがありました。

いあいあ…それが出来たら苦労しないんじゃボケッと思ったものでしたが、最近は英語は英語のまま受け入れる率が高まってきました。これはどういうことなのか?

例えばバスって英語じゃないですか。でもこれをわざわざ「大型回遊自動車」って言う人はいない。みんなバスと言ったらバスを思い浮かべるはずです。

ポテトと言って頭に何を思い浮かべますか?ポテトですよね。

テーブルは?テーブルですね。

サンキューは?サンキューって感じでしょ。

ハングリーは?あ、ハングリーなのねとなんとなく受け入れるはずです。

ミーティングは?分かりますよね。

キャッチは?キャッチボールとかのキャッチ。これもなんとなく分かります。

これらが分かる人は既に、「英語を英語のまま考える」ことが出来ています。英語学習とはつまり、この範囲を広くしていく作業だと思ったら良いです。

でも最初はやっぱり分からない単語はどうあがいても分からないじゃないですか。だから一度日本語というフィルターを通すのは悪いことではないと思います。

日本語のフィルターを通してその単語のイメージをなんとなく捉えておく。それを実践で使う中で身体に馴染ませていくと、自然とその範囲は広がっていきます。

「英語のまま考えると良い」というのは一見正しいなと感じるのですが、それはあくまで結果論であって、慣れないうちは日本語で理解する段階も必要だと思います。

「考える言語」と「表現する言語」は違うわけですから、まずは日本語で考えてみることも大事です。僕も未だに日本語で考えて英語にすることは多いです。海外においてはそれが僕のアイデンティティに繋がってると思います。日本人なんだから、日本語に根ざしてて何が悪いっ。てスタイルです。

そして何より言語はコミュニケーション。おじいちゃんが「ほら、あれ」と言ったらおばあちゃんがアイス持ってくる。これこそがコミュニケーションであり、杓子定規では測れないものです。

逆瀬川剛史ライブ情報はこちらから!

ライブ・セミナーのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

【僕が使っていたSkype英会話サービス2選。無料体験だけでも2回ずつ話せるのでオトクです。】

・DMM英会話

英会話

・レアジョブ

Share on your SNS

【英語セミナー】11月20日 @福岡天狼院

ちょっと変わったお知らせです!この度、福岡天狼院さんにて英語セミナーをさせて頂くことになりました。

僕が以前運営していた英語サークル「大人のためのやり直し英語」のアイディアと、天狼院書店のコラボという形でお届けします。

「英語を教える」のではなく、あくまで一人の学習者として学習のアイディアをお話します。これから英語を勉強したいと思っている方や、学習につまづきを感じている方にオススメです。

留学経験なし、海外在住経験無しでも英語は話せるようになります!日本が誇る国際都市・福岡がより魅力的になりますように。

お申込みは以下のリンクよりお願いします!遠慮せずにどしどしご参加下さい!

【福岡 11/20(月)】大人のための「やり直し英語」〜次世代を担うギタリスト15人にも選出された注目のギタリスト・逆瀬川剛史さんに「国内にいながらにして英語を習得した方法」を学ぶ!SPECIALトークイベント〜《英語学習のお悩みをお持ちの方/初参加大歓迎》

Share on your SNS

英語はノリ、とは言うけれど

英語をコツコツ勉強してると、「英語なんてノリだ!伝わればオッケー!」みたいなことを言われることもあります。

もちろん、ビギナーの時は間違いを恐れて話せないよりは、まずはノリと気合いで乗り切ることが大事です。しかしずっとそのままってのもどうかなと。

やっぱり、言葉は力だと思うんです。知性やユーモアは言葉の端々から感じられるものですよね。日本語では大切にしてるはずなのに、英語になると「ノリっしょ!」ってなるのもおかしな話で。

先日、海外のファンから英語でメールが来ました。彼は英語があまり出来ないのですが、なんとか頑張って書いてくれたようで、目を通すと…

“You can send me tab” (お前の譜面、もらってやってもいいんだぜ。)

いやいやいや!意味は分かるんだけどさ。「譜面を頂けませんか?」って書きたかったんだと思うよ。でもすんごい失礼な文になってるよこれ…ってなるわけ。

実際のところは礼儀正しい人なのかもしれないけど、この英語のせいで僕の中での彼の第一印象はかなり悪いです…笑

あとネットにあった話で…自分の英語に自信のない日本人が、上司に「僕の下手な英語を理解出来ますか?」と聞こうとして、

“Do you understand my fucking English?” (てめえ俺の英語分かってんのか)

って言ったらめっちゃ怒られたとか。そら怒るよ!笑

逆に、美しい表現に出会うこともあります。中国で僕を助けてくれているWang君の英語はとても知性に溢れていて、例えば

“Do you want to have Chinese quisine tonight?”(今夜は中華料理にする?)

という言い方をするんですね。夕食はもちろんdinnerでもいいわけですが、quisineという単語を使うと、ちょっと高級なレストランの絵が浮かびます。このさじ加減が彼の知性を感じさせるわけですね。

と言うわけで、言葉は大事だよってことで単語のオススメ教材を一つ・・・Z会の「速読英単語」シリーズ。懐かしっ!


このシリーズは受験用の学参ですが、とてもよく練られています。巻頭にもある「あるべき理想の教材を目指して作られた」という言葉に偽りなし。新しい単語が、次の章では当たり前の単語として再登場するので記憶に定着しやすいです。

音声は別売で2,000円と少し高いですが、英会話教室の一回分のレッスン代より安いと考えたらいいかと。コスパの高さは保証します。使う時はちゃんと音読してみて。既にある程度のレベルにある人でも、文章を読むトレーニングになるのでいいと思います。


これはTOEIC対策の単語帳。TOEICの単語は受験英語とは違いますね。僕はTOEICは受けたこと無いし受ける必要もないのですが、この単語帳は良く出来てると思います。音声はサイトから無料ダウンロード可能。

映画が一番オススメの勉強法だということは今でも変わらないのですが、映画だけだとどうしても文語的な表現に触れる機会が少なくなるので、こうやって単語を増やしていくとまた成長出来ると思いますよ!

海外在住経験なし、留学経験なしでも話せるようにはなるんだと感じてもらえたら、と思って書きました。僕もまだまだ学びの途中。頑張りましょ!

逆瀬川剛史ライブスケジュール

ライブ、作曲のご依頼

レッスンのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

Share on your SNS