最近、サンライズ&コンタクトピエゾという王道のピックアップシステムから脱却を図るギタリストが増えてるみたい。

このシステム、王道といえば王道なんだけど、実はちょっと弾きづらいんだよなぁ…(今さら!?)

いやね、リバーブを深くかけて爪で弾く分には、世界観のあるいいサウンドに仕上がるんですけど。でもリバーブが無かったらちょっとキツイ。あと、ダイナミックレンジが広いのはいいのだけど、ストロークをした時にアコギらしいまとまり方をしない。アルペジオした時とピックでストロークした時とに音量差がありすぎる。

そして爪では無く指頭で弾いた時に、全くメロディが出てこない。自分の指頭奏法が上手くいかなかった原因はここでした。最初は自分が下手なのかなと思ってたんだけど、インブリッジピエゾやリリックのようなエアマイクで試してみるとちゃんとメロディが聴こえる。トミーなどの指頭奏者が何故インブリッジピエゾを使うのか、深ーく腑に落ちました。なるほどこんなに違うものなのねぇ…。

というわけで僕もピックアップシステムを新調します。長年使ってきたマグ+コンタクトピエゾを止めて、インブリッジ+エアマイクのシステムを実験的に導入してみます。これなら指頭奏法でも上手くいく…かな!?

12/13 京都、12/21 福岡ソロライブ宜しくお願いします!

当ブログのブックマークも宜しくお願いします!

ライブ情報はこちらから!

ライブのご相談はこちらから!

住所登録はこちらから!

アーティストショップ(CD, TAB譜など)はこちらから!

Share on your SNS