Blog

ギターはやっぱりカッコイイ!

何度も書いてるけどここ最近はピアノに触る時間が多くなりました。

ピアノに触れる中で気付いたこと…ギターの音って本当に美しい!そしてタッピングやボディヒットの混ざるサウンド、オープンチューニングのサウンドは最高にクールだということ。

何をいまさら…と思うかもしれないけど、何年もギターをやってるとこのピュアな感覚が抜け落ちてしまうんです。外国に行って日本の良さに気付くっていう感覚と同じですね。ちょっとギターから離れることで、すごくニュートラルな気持ちでギター音楽を聴くことが出来るようになってます。

振り返ってみると、ここ数年はギターに対してストイックになり過ぎてた。ストイックなのはいいことだけど、視野が狭くなると大事なことを見落としてしまいますね。

あとは、昔よりも明るい曲を作りたくなってる自分に驚き…。これは年齢的なものなのかな。ジョヴァンニアレヴィも昔の曲はかなりストイックで哲学的でした。これはこれで感動的なんだけど、最近の曲はすごく温かみがあってキャッチーなんです。人は年齢とともに丸くなるというけど、音楽もそうなのかもしれません。

僕はもちろん生涯現役ミュージシャンでいるつもりなので、長い音楽道の中でこうやって試行錯誤しながら気付くことはたくさんあるのでしょう。それもまた楽し。ともあれピアノは始めて良かったな〜。

とねりこライブ、続々とご予約ありがとうございます!おかげさまで残席あとわずかとなりました。確認メールが来てないという方はほぼ間違いなく迷惑メールに入ってますので、確認してみて下さい。

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

とねりこありがとうライブ!!

僕の大好きな福岡のカフェ・とねりこが6/2で閉店することに!人気サービスであったケータリングに集中したいということのようですが、超人気店だっただけに惜しまれます・・・。
というわけで!6/1にとねりこで、最後のライブやります!これまでのとねりこライブも思い出しながら演奏したいと思います。この日は僕のバースデーでもあるので、楽しい思い出が作れればと思います!福岡の皆さん、是非来て下さい!
 
■6月1日(土)とねりこありがとうライブ!!
開場19:00 開演19:30
¥3,000円(ドリンク、軽食付き)
限定25名
お店HP https://www.cafe-tonerico.com/
お店TEL 092-771-2347
ご予約はライブ情報ページから!
Share on your SNS

教育の根は苦く、果実は甘い

いい言葉だなぁ。

ふと思い出した言葉。新しいことを学ぶのは大変だけど、見返りは大きいもの。

ライブウォークご来場ありがとうございました!楽しかったなぁ。金太郎さんとも久しぶりに会えました。

久しぶりのラジオ出演!クロスFMさんの番組収録してきました!DJポッキーさんの「K’s Wave」!僕の出演は5/5 16:10〜40あたりです。聴いてみて下さいね〜!!

DJ Pecky K’s Wave

それにしてもピアノが上手くならんっ。ある程度やると何事も伸び悩むものだけど…。

「子供の頃からやってればなぁ」なんて言っても始まりません。それに、大人には大人の知恵があるもんです。子供に出来ないこと、それは効率化。愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶのであーる。

前にうちにいたソフォラちゃん…ではなく、新しい子です。前の子は枯れちゃって…再度購入。ソフォラ好きになりました。大きくなーれ!!

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

大阪ワンマン無事終了!

大阪「アズールテラス」でのライブ、ご来場ありがとうございました!

アズールテラスはオシャレな大人のジャズ箱!とても綺麗なお店でした。料理も美味しい!!

友人との再会もあり楽しいひと時でした。

ブッキングマーネジャーの筒井さんは、押尾コータローさんがインディーズの頃によく一緒にお仕事されていたようで。「押尾さんもねぇ、カバー曲やり出してから人気が急上昇してましたねぇ」とのこと。ほえー、やっぱそういうものなんですねぇ…。

翌日は三木楽器にて、スーハン君とギター談義!

今を時めくウォータロード。素晴らしい技術ですね。

初めて弾かせてもらった、小林良輔氏のギター。クラシックギターっぽいテイストがありました。美しいサウンド。

右がスーハン君。ワン君(中央)も合流してカワイイお店で男子会。笑

一人だけ、やけにカワイイもの頼んで照れてるスーハン君。笑

また大阪で会いましょう!

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

私にカフェインを下さい。

大阪へ移動中!

新幹線に乗る前に、ホームのセブンイレブンでいつものカフェラテ買ったときのこと。店員さんが何度も「アイスコーヒーのボタンを押して下さいね!」と言っていたのにホットコーヒー押しちまったわたし…アホーッ!

すみません、払うのでもう一つ下さいと言うと「いえいえ、よくあるんで大丈夫ですよ〜」と新しいのをくれました。ぬーん申し訳ない。ありがとう。

無事にカフェラテゲットして、新幹線に乗り込み座席確保!さてコーヒーブレイクをと思って座ろうとしたら…ぬおおー!

カフェラテ全部ぶちまけてしまった…アホーッ!!

幸い座席にはかからず床に溢れただけなので、拭いてなんとかなったんだけども。車掌さん「大丈夫ですか?」「いえすみません、こぼしちゃって…」あーもうっ。朝っぱらから色んな人に迷惑かけたのである。

朝がマイナスなら夜はプラスである。今夜のライブも大成功!なはず。(なれ!!)

Share on your SNS

明日は大阪!

隠れ家たまみでの演奏、満員御礼ありがとうございました!「たまみ」移転に伴う最後のライブとなりました。また新しいところでもたまみさんらしく頑張って頂きましょう。

ライブの方は和気あいあいと楽しく出来ました!

例によって指頭奏法の事ですが…うーん、やっぱり高く抜ける音が出づらいです。生音だとだいぶ太くて説得力のある音になってきてますが、アンプを通すとうまく再現されませんね…。

その後スタジオにこもって音出ししながら色々実験。短い爪なりに爪を当てて弾いてみると、「あーやっぱりこの音だ」という感じになります。一気にメロディに艶が出る感じ。ぐぬぬー、この音を聴いてしまうと決意がだいぶグラつきますね。

さて明日はいよいよ大阪!アズールテラスはとても綺麗で素敵なライブハウスです。お食事も大評判!是非お越し下さい。

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

実は今日が初めてなのでドキドキ

実は今日、爪を使わない「指頭奏法」に変えて初のライブなんです。音作りやらなんやら色々と変わってくるし、ちゃんとこれで演奏出来るのか?ちゃんとメロディが届くのか?とドキドキしてます。(こんなこと、来てくれるお客さんにはちょっと言いづらいですけどね。でもこうやって変化・進化を求めて日々研究してるわけです。)

ちょっと専門的な話をすると、これまではマグネットピックアップ主体でピエゾを足すという、フィンガーピッカー定番の音作りでしたが、今日は真逆のバランス。つまりピエゾ主体でマグをちょこっと足す感じで作ってます。リハーサルでは温かくて自然なサウンドになっていたけど、果たしてお客さんが入ってどうなるか?

たまみさん特製お弁当は健在!これが美味しいんだなぁ。さあ、本番に向けて最終調整!

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

ライブ配信【追記あり】

すみません、うまく設定出来ずにいます…今日は難しいかもです。YouTubeの仕様はちょくちょく変わるのでヤキモキしてます。とりあえず経過報告まで。

追記

待ってた方、ほんとーにすみません…。結局うまく音が拾えず配信出来ませんでした。僕の機材(babyface pro)とライブ配信の相性が悪いらしく、以前からFacebookライブでも同じ現象が起きていて困ってます。必ずリベンジしますのでまた次回に…

Share on your SNS

何気に忙しかった三月も終わり、四月に!新しい季節はいいですね。日々修行しつつ、息抜きも忘れずに。

生ピアノはやっぽりいいよねぇ…知人宅のふるーいピアノ。

ところどころ鍵盤が鳴らなかったり調律が狂っていたりするけど、そういう不完全さがかえって可愛らしかったりするのが楽器の面白いところ!

ふと見つけたこの花、一体なに??不思議な形ですよね。知ってる人いたら教えて下さい。

さてさて、4/5(金)の22:00より、YouTubeにてライブ配信やります!YouTubeでは初めてなのでうまく出来るかちょっと心配。URLは放送前にブログに貼りますね。コメントは日本語でも英語でも可。ぜひご視聴下さい!

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

人に迷惑をかけてはならない?

アホかっ。そんなことばっかり言ってるから閉鎖的になっちゃうんだよ日本。

人間、生きてるだけで迷惑はかかります。みんながそれぞれ色んな人に迷惑かけてるんだから、どのみち巡り巡ってお互い様。 人を許す心の方が大事。

気が付くとごめんなさいが口癖になってる人、多いですよ。ごめんなさいを口癖にする人生なんて送っちゃダメだ!

世のおじいちゃんおばあちゃんたちの教え。人様に迷惑だけはかけるな…ってね、ごめん、それだけはどうしても賛成出来ないわ。

ま。特に何かがあったから書いてるわけじゃないけど…縮こまる必要はないってこと。全ての痛みは成長痛。胸張ってこ!

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

Vlogやってみようかなぁ

YouTubeをビデオブログとして使うVlog、結構流行ってますよね。

日記感覚で話すだけなので、軽く流し見出来るような感じがいいなと興味持ってるとこです。

完全日本語で話すのと、英語で話して日本語字幕が出るのとどっちがいいのかなぁ。後者はもちろん編集に時間がかかってしまうけど、その方がコンテンツとして楽しんでもらえるならそれがいいよね。

ライブ配信もFacebookではなくてYouTubeで出来たらいいな。その方がFacebookやってない人も見れるし。

演奏動画とVlog、この二本立てでチャンネル運営していくのも悪くないかもなー。よし、やってみよう。

さて、ライブ情報更新しました!4/11大阪ソロライあります。大阪近郊の方は是非!

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

素晴らしきかな指頭奏法

このブログではおなじみ?な爪の話。またその話かよとなるかもしれないけど笑、ギタリストにとって音色は命。どんな音色を引き出したいか?を追求すると、自ずと爪の話になるわけです。

ここ数年の変遷を辿ると、

ずっとやってきたスカルプチャーやジェルによるコーティングを止めて、生爪にシフトしたのが三年くらい前。

(↑生爪+ネイルエンビー )

生爪にシフトした当初はすごく違和感があったけど、今言えるのは生爪の方が明らかにギターの箱鳴りを引き出せます。スカルプチャーは音量は大きいけど鳴りが浅い。

鳴りが浅いということは、ギターの個体差が出にくいということです。スカルプチャーをやめてから、ギターの材や作りの違いをより明確に出せるようになったと思います。

そこからピアノ練習するようになり、長い爪をどうにか出来ないかと模索する日々が始まる。笑

長い爪でピアノを弾くか?それとも爪を使わずギターを弾くか?の間で揺れ動く日々。今の結論は、「爪を使わずギターを弾く!」です。

爪を使わず、指の先の肉の部分だけで弾くことを指頭奏法と言います。17世紀、ギターの前身である古楽器リュートの時代には指頭奏法が普通でした。

ハッキリ言って指頭奏法は難しいです。爪先でサラサラと弾くのではなく、腕の筋肉を使ってしっかり弦をリリースする必要があるので、最初のうちは弦の摩擦や張力に負けてしまいます。ものすごく下手になった気がすると思います。笑

ところがやはり人間の適応力ってすごいもので…やり続けてると段々慣れてくるんですよね。以前よりかなり弾けるようになってきました。

(↑指頭のみ、表面はネイルエンビーてコーティング )

指頭奏法で分かったことは、慣れれば爪で弾くよりリズム良く弾けるということ。また、アルペジオや単音弾きの際にかなりの速度が出せること。そして何より、圧倒的な箱鳴りを引き出せるということ。

最初は箱鳴りに埋もれてメロディがなかなか前に出てこなかったのだけど、やってるうちに狙ったバランスで弾けるようになってきました。いやぁ練習って素晴らしい。

指頭奏法で参考にしたのはもちろんAndy MckeeやTommy Emmanuel。そして内田勘太郎さんや山崎まさよしさんのようなブルースマン、ジャズの小沼ようすけさん。皆、指頭奏法によるふくよかな箱鳴りがCDを通しても感じられます。

「欧米人に比べて日本人は華奢だから、指頭奏法より爪で弾く方がよい」という人もいますが、そんなことはないでしょう。華奢な人は華奢な人なりの指頭奏法になります。大切なのはその人の中でバランスが取れていること。

と、言うわけで、ついに美しき指頭奏法の世界に突入してしまいました。これからどうなるか?楽しみです。

Share on your SNS