Category: ギターレッスン

住所登録ありがとうございます&ブログの目標なぞ。

住所登録してくれる人が少しずつ増えてきていてとても嬉しいです。まだまだ数は少ないですが、確実に情報をお届けする手段として是非ご活用頂ければと思います。

どーせこっちの地域には来ないでしょ?と思ってるそこのアナタ!僕はもちろん全ての住所に目を通しているので、「お!ここ行ってみようかな」というきっかけになるものです。そのきっかけを下さいませ!

今のところはざっくり「関東」「関西」「九州」とかいった感じで分けています。ざっくりすぎるだろ・・・と思うかもしれませんがそこはゆるして。笑

それにしても、世の中にはいろんなウェブサービスがありますけど、僕はやっぱりこのブログが好きだなぁ。ブログから何らかのアクションをもらえるととっても嬉しいです。

このブログを自分の孫に見せるのが一つの目標です。孫が見て「じいちゃん若ッ」てなったら面白いじゃないですか。笑

フェイスブックとかインスタとかと違ってブログは過去記事が見やすいので、じいちゃんこんなこと考えてたんだ〜とかなったらいいよねぇ。

まあその前に頑張らなきゃいけないことが色々だ・・・好々爺目指して頑張るよ。

さて今日はレッスンDayでした。みんな音楽性は違えどギターを楽しんでいていいねぇ。ギターの奏法は数あれど、大切なのはタッチとかアルペジオといった基本的なこと。最近はその辺りをこれまで以上にしつこくやってます。

来年はSkypeレッスンも導入します!Skypeレッスンはずっと可能性を模索していましたが、とあるきっかけでSkypeレッスンを希望してくれた人がいて、その人のおかげでSkypeレッスンのノウハウが随分溜まってきました。感謝!

Skypeではイヤートレーニングなどテーマを絞って、ベーシックなところをこれでもかってくらいしつこくやっていこうと思います。必ず何かを会得出来るようカリキュラムを組み立ててます。興味ある方はご連絡下さいね。

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

ギターも英語も。シンプルなことを深く考えていく。

学びのある人生は素晴らしいです。前までは「こんなの絶対無理だ、自分には難しすぎる」と思っていたことが、「あれ、少し分かってきたかも・・・」という感じになる。この嬉しさこそが人生の原動力であり、人生を彩る絵の具だと思います。

僕が皆に「ギターっていいよ、やってみたら楽しいよ」と言うのは、曲が弾けて楽しいということではなく(むしろなかなか弾けるようにならなくて悶々とすることの方が多い)、一つの物事を深く追求することを体験出来るからです。

最近見たギターのレッスン動画の中で、とても感動した動画があります。河合仁士さんという、ジャズ・ブルース系ギタリストの方の動画です。

ギターのデザインとピアノのデザインは違う、そしてギターは非常に論理的に作られている。そういった話を非常にシンプルな言葉で説明してくれています。

こうやって聞くと、ギターの指板がこのような形をしていることや、なぜEADGBEというチューニングがスタンダードチューニングとして生き残ったのかが分かります。

河合さんはスカイプレッスンをされているので、実は僕も一度受けさせて頂きました。

動画そのままの、誠実で穏やかな方でした。もちろんとても分かりやすかったです!基本のキホンを決してすっ飛ばさずに、じっくり立ち止まって考えるきっかけを与えてくれます。

僕のレッスンでこのアイディアを使っていいですかと聞いたら快諾して下さったので、今後のレッスンにも取り入れていきます。

しかしその前に、河合さんの動画を是非チェックしてみて下さい!そしてスカイプレッスンも受けてみて下さい。伸び悩んでいる中級以上の方には本当にオススメです。

河合仁士さんHP

僕もレッスンは随時受け付けています。一緒にギターの深遠なる世界を楽しみましょう!

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

中国のギター熱に感じる違和感

これまで何度も中国で演奏してきましたが、世界的に見てもマイナーなはずの「ソロギター」というジャンルの音楽が、中国では異常なほどブームになっていました。

無名なギタリストでも中国で演奏すればヒーロー。なんだか分からないけど演奏者を勘違いさせるような空気感がそこにはありました。

で、ギター教室も大盛況で、テクニック的にはまだまだ未熟な人でもギターの先生として大勢の生徒を集め、いきなりグループレッスンで変則チューニングで叩き系の曲を指導する…という、正直言って「異常な」状態を多く目にしました。基礎をすっ飛ばしてしまってるんです。

やっぱり、ギターはまずスタンダードチューニングで弾くことをめいっぱい経験した方がいいですよ。そしてソロギターの前に単純なコードバッキングによる弾き語りを経たほうがいい。これが僕の行き着いた一つの答えです。お堅い考えかもしれませんが、本格派を目指すなら避けられないところだと思います。

変則チューニングならではの魅力は確かにあります。ただ、変則チューニングの曲ばかりトライしてる人はなかなか音感やリズム感が良くならない。やっぱりチューニングを変えることで運指をイチから覚え直すというのはリスクですよ。自分が何の音を弾いてるのか分からないから音感が育たないし、開放弦が調性に合ってるおかげでミスしても目立ちにくいから、雑なところに気付きにくい=リズム感を育てにくい。

それに対してスタンダードチューニングの曲にトライしてる人は、音感やリズム感がうんと育ってる印象を受けます。新しい曲を練習していても、以前やった運指と同じものが出てきたりするので音と指がリンクしていくんですよね。それを繰り返すことで音楽のパターンを身体で覚えることができるので、「音楽ってこういうことなんだな」と深いところで感じられるようになるわけです。

まあ、結局は好みだし、人の数だけ答えがある世界なのであまりとやかく言うのはナンセンスかな。ただ、人の数だけ答えがあるからこそ、僕の答えはこうだよということです。

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

誰でも出来ることを深く。

四月から再開したギターレッスン、とても順調です。レッスン生の方々もメキメキと上達していて嬉しい限り!一つのことを深く掘り下げていくのは楽しいものです。

昔は一つのことを、色んな角度から言葉を尽くして説明しようとしていました。もちろんそれも時として必要なのですが、今は出来るだけ直観的に伝わるよう心がけています。

要は、言葉で説明するのではなく実際に弾いてみせる。ゆっくり何度も同じように弾いてみせる。すると何も言わなくても腹落ちするんです。

理論も大事ですが、それより具体的な曲を弾いてみると「あ、そうか」と見えてくるものです。それが何より大事。

理論を説明するのって簡単なんです。言葉で説明すればいいから。でもそうなると学校の授業と一緒で、「分からない私が悪い」みたいな悪循環に陥ることが多い。実際は、曲を弾くのに必要な知識なんてそんなにないのにね。

一番の教材は、本人がドキドキ出来るような曲。だからレッスンでは、とにかく曲を弾くことにフォーカスしています。それで成果が出ています。

あと、うちの特徴はTAB譜を使わないこと。その代わりコードと度数はしっかりやります。その方がずっと音楽的な理解が進むと思いますよ!

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

ギターと英語の共通性

楽器習得の過程は語学習得の過程と全く同じです。

どんな学び方がいいかというのは、究極的には「人による」。その上で、じゃあ僕がどういう学び方をしてるかと言うと、常に具体的なものなら入るようにしています。

具体的なものとは、楽器で言えば曲です。あれこれと練習用のエクササイズフレーズをやるのではなく、曲をやるのが一番。

そうして何曲か習得した後、理論に入ったほうが、「これってあの曲のあの部分やん!」と実感として理解しやすいのです。

英語も同じで、最初は丁寧に文法を…ということではなく、まず簡単な文章の音読から始めるといいです。会話目的なら映画の台本読む。

私は文法も全然苦手で…という人も心配しないでいいです。まずはこういった具体的なものから入ることが大事。実際にこのアドバイスで、見違えるほど英会話が上手くなった友人がいます。

と、賛否両論あるかと思いますが、「理論は後から付いてくるので、具体的なものから入る!」これが僕の習得哲学です。参考になれば!

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS

新しい環境でのレッスンやレコーディング。

レッスン、早速再開してます!急ごしらえですが録音環境も整い、かなーり快適になりました。

コンパクトだけど居心地の良い空間で、レッスンもしやすいです。

それにしてもみんな上達したなぁ。今年は生徒さん同士での交流の機会も作れたらいいな。他の人のプレイを見ることで刺激になるし。

先日は熊本から新しい方が来てくれました。

結構いるんです、熊本や大分といった他県からの方。

ベースを博多に移したことで、そういった方も来やすくなるかな。

また、久しぶりの再会・再開もありで楽しい時間!

海外でのドタバタから、少しずつ日常が戻ってきています。

メルボルンから友人が訪ねて来てくれて、これまた楽しい時間。

やっぱり春はいいなー!

 

ライブ情報はこちらから!

ライブ・楽曲制作のご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

住所登録はこちらから!

 

Share on your SNS