ほんこわ

夏なのでちょっとこわーい話をしましょうかね。怖い話好きですか?え、むり?まあそう言わずに…

以前福岡の旧大名小で痛ましい事件があったのを覚えているだろうか。とあるIT講師が包丁で刺されてしまったのである。動機はネット上での逆恨みということであった。なんともやりきれない事件である。その後犯人は逮捕されようだが、なんとその犯人は九州大学文学部卒であった。10歳くらい上のようだが僕の直系の先輩ということになる。そういうこともあり、同級生の間でちょっとした語り種となっていた。

それからしばらく経ち、以前所属していた事務所にある放送局から僕宛に電話があったらしい。

社長が対応したのだけど、「放送局から電話だから、出演依頼かと思ったんだけど…取材だったのよね。大名小の事件について、逆瀬川剛史さんにお話を伺いたいって言われて。」

え?僕に?どうやらネットで九州大学文学部の人を検索していたようだ。確かにその頃、プロフィールに出身大学を記載していた。でも年代も違うし…役に立たないと思うけどなぁ。

「九州大学文学部卒業ですよね?って言われて。確かにそうですけどって答えたら…犯人について聞かせてくれって。知ってるはずだと。」

いや、全然知らないんですけど…何、何?どうなってんの?

「いやー今卒業名簿を見ていて、確かに逆瀬川剛史さんと同じ学年なんですけど…九州大学文学部ですよね?って」

??

「そしたらね…あれ?って。年齢が違うんですね。でもおかしいなぁって。」

「確かにいるんですよ。その学年にも逆瀬川剛史さんが…」

ヒョオオオェェェ…ナニソレ…怖いんですけど!

知っての通り僕の名前はかなり珍しい。逆瀬川だけでも珍しいけど、剛史という漢字の組み合わせもかなり珍しい。なんたって史の字はうちの父親の名前から引っ張ってきてるんだから。そういう由来がないと起こり得ない名前のはずである。Facebookで検索すると、僕とどこかの漁師の方しか出てこない。彼は元気だろうか…いやともかく、ちょっとゾッとした。

こんな珍しい名前が10年前の九大文学部にいたなんて。いや、本当にいたのだろうか?もしかしたら本当に僕のことだったのではないか?だとしたら…いやよそう。この科学の時代にそんな不可解なことなどありはしない。ただなんとなく…この話を書いてる今、後ろで誰かに見られているような気がするのだ。そしてあなたの後ろにも…

Share on your SNS

始めたてが一番かっこ悪い

新しいことに挑戦すると何が大変かって、自分のかっこ悪さと向き合わなきゃいけないことである。ある分野ではいかにプロでも、別の分野では初心者であり、とても頼りなく見えるものだ。

だけどその頼りない感じ、新しく何かの初心者になり、情けない姿を晒す感覚はとても大事だと思う。更にそこで踏ん張って、その何かを達成することはもっと大事だ。

人は本能的に変化を遠ざけるように出来ているから、努力する過程で諦める理由を考える。自分に合ってないんじゃないか?年齢的に遅いのではないか?体格的に向いてないのではないか?自分がやりたいこととズレているのではないか?本当に好きなことではないのではないか?

そして諦めて以前の生活に戻った時に、「やっぱりこの方が自分らしい」と自分を安心させるのだ。

もちろんその選択肢が正しいこともある。その人の人生だから、本人がそれで良ければ良い。ただ、人間にはこのように「変化を望まない本能」があるのだと知っておくことは、何かを達成する上でかなり効いてくる。

語学でも楽器でもスポーツでも、始めたての時は情けない姿をたくさん見せる。そういうものである。過去の自分は今の自分を引きずり下ろそうと、いつでも誘っている。それを振り切って前に進めば、違う世界が見えてくる。過去の自分が見えなくなった時、そこが本当のスタートラインである。

Share on your SNS

続・胃下垂

どうやら胃下垂治ったみたいです。朝起きて水を飲むと、今までよりも上の方で冷たさを感じる。明らかに胃の位置が上がっている…!笑

ネットで調べると、整体で治るとか色んなことが書いているけど、僕の場合は意外と単純な方法で治ったみたいです。芸能人でも胃下垂で困ってるモデルさん多いけど、教えてあげたい笑

さて筋トレは肩まわりはわりと出来上がってきたので、8月後半は体幹に集中して追い込みます。体幹は苦手意識があったけど今なら上手く鍛えられる気がする。体重はまた伸びはじめて、筋トレ開始時から数えてプラス8キロまで届きそうなところに来ました。プラス10キロまで行ったら少し絞って、あとは維持していく感じかな。私は一体何を目指しているのだ。

Share on your SNS

ジョバンニの作曲センス

最近はずっとジョバンニアレヴィの曲を練習している。色んなピアニストの楽譜を取り寄せて弾いてはみるのだけど、結局ジョバンニの曲が一番弾きたくなる。彼の曲は作りが本当に独創的でワクワクする。

数年前、彼とゆっくり飲みながら色んな話が出来たことは、僕の人生の中でも大きな転換点になった。数々の質問にとても気さくに答えてくれた。その中の少しを紹介しよう。

作曲の時、常に楽譜に落とし込むのか?→昔は楽譜を書かなかったことも多かったけど、今では必ず楽譜に起こすようにしている。

ライブ中にアドリブ要素を入れることはあるか?→入れない。

ピアノ以外の曲を作ることはあるか?→オーケストラ、そしてギター曲も作っている。作曲家だからね。

Giochi D’Acquaという曲がお気に入りです→4/4拍子の曲が好きな人が多い中、そういう人は珍しいので、嬉しい。

ピアニストと呼ばれることについて→自分はピアニストではなく作曲家なのでそう呼んで欲しい。

印象に残っているのはこれくらいかなぁ。不思議なくらい考え方が似ていて、驚くことが多かった。

インタビューではついつい天才肌のぶっ飛んだピアニスト!みたいに紹介されることが多いけれど、それは全然違う。彼は彼なりの哲学に基づいて論理的に考えてるし、それを言葉で整理もしている。結局のところ、音楽をするにあたって材料もレシピも皆そう大差ない。セオリーの中にその人のちょっとしたクセが少し入り込み、その少しが最終的な印象を変えるに過ぎないのだ。

ところでいわゆるクラシック・ピアニストと作曲家のピアノプレイは全然違う。クラシック・ピアニストが必死に練習してる間に作曲家は曲を書いているので、技術的な差はどうしても出てくる。しかしそれでも、作曲家が自分の曲を弾いた時の説得力は、(たとえそれが技術的に劣るとしても)真に迫るものがある。それを知ってるからこそ僕は曲を作り続け、そして自分で弾くのだ。

Share on your SNS

胃下垂

昔から胃下垂で困っていた。食事をすると胃が下の方で張るので、別に太っても無いのにお腹が出てるように見えるのだ。見た目もよろしくないが健康的にもよろしくないらしい。

色々調べてると、胃下垂は下腹部の筋肉を鍛えることで改善されると分かった。どうやら下腹部の筋肉、いわゆる骨盤底筋が弱いと胃を支える力が弱まり、結果的に胃が下の方にずれ込んでしまうのだとか。

それなら下腹部に力を入れたら一時的に治るのかしら?そう考えた僕は、思いっきり下腹部を凹ませてみた。皆が想像するよりももっと下の方を、皆が想像するよりもはるかに凹ませてみた。

すると胃にヌルッと変な感じがして…なんと胃の位置が上に移動したのである。つまり胃下垂が治った…!!

え?マジで?15年近く悩んでいた胃下垂がこんなことで治るの?押し上げられた胃は恐らくそのあるべき位置に戻り、下腹部のポッコリは無くなっていた。いやホントに驚きなんですけど…!!

すぐ元に戻るかと思ってしばらく観察していたけど今のところ戻っていない。確実に胃を動かしたようで、胃カメラを飲んだ後のような変な感じがする。大丈夫なのかな…とりあえず寝て、明日の朝また様子を見ることにしよう。

という真夜中の報告。なんだこれ。

Share on your SNS

歴史

僕は結構な近代史ファンである。1870〜1950年くらいの歴史はどれも好きで、NHK「映像の世紀」は観た回数で言えば全国トップクラスだと思う。好きな漫画はかわぐちかいじ「ジパング」である。

よくよく考えると、この素地は小さい頃に作られたのかもしれない。父が教員であった我が家には「はだしのゲン」が全巻あり、小さい頃から何度も読んでいた。今思えば漢字や難しい言葉などは結構「はだしのゲン」から学んだような気がする。全セリフを覚えているし、悲しい部分だけでなくギャグ部分もあるので普通に漫画として楽しんでいた。というか最初はギャグ漫画だと思っていた。無知とは怖いものである。

ちなみに「はだしのゲン」ばかりが有名だが、我が家にはその下地となった「ゲキの河」や「黒い雨に打たれて」など他の中沢漫画も揃っていた。今思えばすごい環境である。反戦教育について父は何も語らなかったが、その環境は驚くほど強烈な基礎を僕の中に作った。

「はだしのゲン」の隣には日本の歴史図鑑のようなものが並んであり、実はこれも結構読んでいた。最初は縄文時代とかが面白いなーと思っていたのだけど、近代史の巻になると白黒の写真が増え、被爆された方の写真なども掲載されており、「はだしのゲン」の世界を別の角度から眺めることになった。学校の社会科資料集では得られない、強烈な体験だった。

大学で一番仲の良かった友人おのっちは、日本史の中でも近代史を専攻していてこの面でも話の合う友人だった。学生時代は二人でジパングについて語り合ったものである。(その後ジパングは無事に最終回を迎え僕は涙したが、彼の中では特別な感情は芽生えなかったらしいのが少し寂しかった…笑)

僕は特別な主義主張を持たないし、そもそも政治の話が好きではない。ほどほどに日本の誇りを持ち、ほどほどに国際感覚を持った普通の人間である。それでも8月は特別な気持ちになるし、ガダルカナルとかミッドウェーといった地名を聞くと気持ちがざわつく。僕の親世代ですら風化してる戦争の記憶が何故か僕の中にありありと生きている。これが教育なのだろう。

Share on your SNS

ベーシストのスリーフィンガー

プラス7kgからなかなか伸びない。うーんどうやら最初の難関にきているようだ。まずはプラス10kgを目標にしているのであと少しなのだけど…。

しかし!確実に身体は変わってるようで、去年買ったシャツ、肩まわりがキツい。みんなが「いやーサイズが合わなくなっちゃって〜」という言葉を発するたびに、「そんなに簡単にサイズが増減するなんて…」と羨ましく思ったものだけど、ついに来ました私にもそんな時代が。

さて筋トレの話ばっかりしやがってコイツと思われるでしょうが音楽もバリバリやってます。ライブが出来ない今だからこそ出来ることがたくさんあるので妥協せず精進しまする。

ギターの単音弾きに関して。ずっとツーフィンガーでやってたけど、もしかしてスリーフィンガーの方が良いかも?と思って練習中。ここでいうスリーフィンガーとは人差し指、中指、薬指の三本で単音弾きをするというもの。ベーシストがやってるあれね。フィンガースタイルギターで速弾きというと、フラメンコのピカード的なものを想像するけど、意外とベーシストのスリーフィンガーの方がヌルヌル弾けるような気がする。薬指をよく使うようになるので全体的に右手の柔軟性も高まるのがまた良いかなと。運指に頭を使うけどこれも慣れかな。

Share on your SNS

ぷるぷるが好き

ジムで足トレ追い込んだら足がぷるぷるだ。ふらつきながら帰る姿はまるで子鹿である。だがそれが良い。

当ブログが段々と筋トレブログになってきているような気がする…今日も今日とて筋トレに励んできた。いつも夜中に行くので貸し切り状態なのが良い。

昔、腹筋をしていると必ず足が上がってしまうので、とあるトレーナーに「どうしてみんな足が上がらないんですか?」と質問したら、

「腹筋だからです」

と真顔で返された。

その時は「いや哲学かよ!」と思っていたけど、今は「ハハーンそういうことか」である。当時は腹筋が弱いため反動を使って上体を起こしてたのだけど、確かにそれじゃあ腹筋使えてないねぇ。

本当は腹筋に力を入れて丸めることで、上半身全体を引っ張るのである。出来る人には至極当たり前のことだけど、分かってなかったなぁー、だって誰も教えてくれないんだもん…。

そんなこんなで日々自分の身体に変化があるのがとても面白い。そういえば筋トレ始めてから平熱が上がりました。今年の冬は霜焼け知らずだ!

真夜中のコーヒーはプロテインに変わり、尊敬する人は坂本龍一からなかやまきんに君に変わりました。

というわけで空前の筋トレブーム。飽きるまで続く。

Share on your SNS

毎日少しずつ

インスタもYouTubeも止まってしまってるので色々心配の声を頂くのだけど、ピアノを練習し出すと止まっちゃうんです…まだたくさん上げられるほどピアノのネタが無いのです。でも確実に進歩してますのでゆっくり見守っていて下さい。そのうちまた音楽で溢れますので。

さて今年もあと4ヶ月ということで、後半の目標を立てて再び断酒を始めました。目標達成したら美味しいお酒を飲む!こうやって自分で自分の人生のハイライトを作るのって大事。

そうそう、年始に目標として掲げていたことの一つが筋トレの習慣化だったのだけど、無事に達成出来てめちゃくちゃいい感じです。現在筋トレ開始前から起算して7キロ増!あ、ありえない…笑 ハードケースを持ち歩いても腕が疲れなくなりました。肩こり一切無くなりました。あと肌ツヤ良くなりました。笑

もう一つはピアノコンチェルトを仕上げることだったので、こちらも達成出来て次のステップに向かえてるのでヨシ。

福岡もコロナが増えて大変だけど…出来ることからやっていきましょ。もちろん健康第一で!

Share on your SNS

ギターで弾くピアノ曲

クラシックはどうやら性分に合うようで、特にピアノ曲をギターに落とし込むのが最近楽しい。ピアノで弾きまくり系の曲をギター一本に落とし込むのはかなり難しいけど、そこが良い…うまくアレンジ出来た時の快感がたまらない!今更ながらアレンジの面白さを感じている。クラシックを入口としてカバーの幅を広げるのは自分に向いてるかもしれない。

先日付けてもらったジェルネイルの音がとても良い。久しぶりにこんなコーティングをしたけど、この硬さを前よりうまく扱えてる気がする。思えば昔はスカルプチャーの硬さに頼ってあまり腕の筋肉を使えてなかった。指頭奏法を通じて筋肉を使う感覚が身に付いたおかげか、今は硬さに頼らずとも大きい音が出せる。なので以前よりも余裕を持って弾けている。これも一つの成長かな。我ながら回り道が多いギター道であるよ。

当ブログのブックマークも宜しくお願いします!

CD、TAB譜のご購入はこちらから!

オンラインギターレッスンのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

対面ソロギターレッスン(福岡)はこちらから!

YouTubeチャンネル登録、Instagramフォローも是非お願いします。

逆瀬川剛史 Official YouTube Channel

逆瀬川剛史 Instagram

Share on your SNS

スカルプチャー並に硬いジェルの話

スカルプチャー並みに硬さのあるジェルがあると聞いてとても気になっていたので、福岡市のネイルサロン「セレンディピティ」に行ってきた。ここのオーナーである児島ちえ姉さんには以前スカルプチャーを付けてもらったことがあり、その時はプロの技術に感心したものである。

気になるジェルについて聞いたところ、最近はジェルの進化凄まじく、かなり自由度が上がっているとのことで、早速ギター演奏に耐えうる硬さのものを選んで付けて頂いた。

いやすごいよすごい!自分で付けるのと全然違う。なんて美しい仕上がりだ…。テンション上がりますね。押尾さんも、サロンに通い始めてから自分で付けるのをやめたと言っていたけど、分かるなぁ。

肝心の硬さもバツグンです。かなりいいです。スカルプチャーよりガシャガシャしないので、こちらの方が好み!せっかくだからカラー入れれば良かったなぁ。

家に帰って弾いてみると、裏面もツルツルに仕上げて頂いたおかげでかなり弾きやすい。これは掘り下げる価値ありますね。ジェルがここまで進化してるとなると、もうスカルプチャーの出番は無いような…。久しぶりの硬い爪、キラキラとした音色が弾いてて楽しいです。

今回は試しにということで親指だけやってみたけど、全部の指をやってみようかな。しかしこんな爪じゃピアノは弾けないな…笑

これはかなりおすすめ出来ます。気になる皆さんは、最寄りのサロンで相談してみるといいですよ。福岡の皆さんは児島ちえさんのサロンを訪ねてみて下さい。物凄く研究熱心ですし、ギタリストへの理解があるのでありがたいです!

ちえさんのインスタはこちら!

https://www.instagram.com/p/CDH-KlfJqIW/?igshid=1uati90d67xfg

アメブロもあります。

https://ameblo.jp/selendipity/

当ブログのブックマークも宜しくお願いします!

CD、TAB譜のご購入はこちらから!

オンラインギターレッスンのご依頼はこちらから!

住所登録はこちらから!

対面ソロギターレッスン(福岡)はこちらから!

YouTubeチャンネル登録、Instagramフォローも是非お願いします。

逆瀬川剛史 Official YouTube Channel

逆瀬川剛史 Instagram

Share on your SNS

セミナーライブお疲れ様でした!

LavLab(ラブラボ)ミュージック主催のオンラインセミナー、ご参加頂きありがとうございました!僕のスタイルはギターの特殊奏法を多く使ってますが、子供たち…の中でも特に低学年の子にとっては特殊もなにも無いので、まっさらな状態で色々と聴いて頂きました。ちょっと難しい話もあったかもしれないけど、少しでも生楽器に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

ところで筋トレについてブログで触れたら、父から「ほどほどに…笑」とLINEが来ました。息子が松本人志のようにマッチョになる姿を想像したら笑えたのだろう。僕からしても笑える。大丈夫、そこまではならないので…笑

筋トレはQOL上がりますねぇ。疲れにくくなったし、寝付きも良くなりました。今夜も頑張ろっ。

Share on your SNS