前回「イギリス人は孤独を愛すると言いますが、…」という記事を書いたんだけど、その後に「はて、孤独を愛するのはイギリス人で合ってたっけな?」と疑問に思って検索したところ。

https://m.huffingtonpost.jp/2018/01/17/may-loneliness_a_23336292/

“イギリスのテリーザ・メイ首相は1月18日、「孤独担当大臣」のポストを新設した。イギリス社会で「孤独」に困っている人のための総合的な政策を率いるという。”

あいつらやせ我慢してたんだな…めちゃくちゃ寂しがってるじゃないか…笑

しかし孤独が社会問題になるとは、いかにも現代的です。

我々は皆孤独です。結婚していても子供がいても友達が多くてもそれは変わりません。まずは諦めてその事実を受け入れることが大事だと僕は思ってます。

僕らミュージシャンにはどうせ孤独な気持ちなんて分からないでしょうと思われるかもしれません。でも違うんですよ、殆どのミュージシャンが、強烈な孤独を感じながら生活してると思います。ミュージシャンに薬に手を染めたり、アルコールに溺れたりする人が多いのは孤独が大いに関係していると思います。孤独との向き合い方を若い時に心得てないと、歳を重ねた時に孤独に押し潰されてしまうんでしょう。

孤独とうまく付き合うためには?僕は「学び」こそがその妙薬になると思ってます。何かを新しく学び、自分の成長を感じられた時のあのアドレナリンはたまりません。

身体は老いようとも頭は冴えわたる、そんな老人になりたいものです。

10/4 ルーテル箱崎教会コンサート、ご予約受付中です!

当ブログのブックマークも宜しくお願いします!

ライブ情報はこちらから!

ライブのご相談はこちらから!

住所登録はこちらから!

アーティストショップ(CD, TAB譜など)はこちらから!

Share on your SNS