すごいマニアックな話します。笑

フィンガースタイルギターって、右手のそれぞれの指の独立性が非常に大切なんです。

なので親指、人差し指、中指、薬指…とそれぞれの指に対してトレーニングを施すわけですね。

曲を弾いてると、特定の箇所でいつも同じミスをしてしまうことがあります。その時はどの指の動きが怪しいのか?を洗い出して、その指の独立性を上げられるよう別メニューを立てるわけです。そうすることで一つ一つ課題を解決してるんです。

時には親指の連打をしたり、弦またぎの練習をしたり、中指と薬指でリード弾きをしてみたり、人差し指と薬指を交互に動かしてみたり…自分で考えて色々なトレーニングをします。本に書いてあることではないんですよね。本当に必要なトレーニングは自分で考えて作るしかない。

振り返ると一つ一つの指に思い出があるんです。

ああ、あの時期は親指…お前と一緒に頑張ったよなぁ…(遠い目

ああ、中指…お前は本当にツンデレだったな…(もはや変人

薬指…お前が結局一番手のかかる子だったな…業界では死に指とか言われてるけど俺はそうは思わないぞ。お前は出来る子。お前だけ交感神経と繋がってるし爪も硬いんだ。

人差し指…お前はまあ…普通だな。

小指…お前爪伸びるの意外と早いよな。

とまあこんな感じで…右手には色んな人が住んでいて様々なストーリーが繰り広げられているわけですね。なので今後ライブの時は、それぞれの指のことも優しく見守っていて下さい。笑

当ブログのブックマークも宜しくお願いします!

ライブ情報はこちらから!

ライブのご相談はこちらから!

住所登録はこちらから!

アーティストショップ(CD, TAB譜など)はこちらから!

Share on your SNS