Monthly archives: 2月, 2019

これほどとは

自分の楽曲をピアノアレンジしてみると、気付くことが本当にたくさんある。

ギターの音域はかなり狭いということ。フルレンジで出すと、楽曲の輝き方が全く違います。

コードの凝りがいがあるということ。ソロギターでテンションコードを使っても、僕の場合はあまり狙い通りになりません。テンションコードを使うと一気にジャズ色が強くなって、その響きに引っ張られちゃうんですよね。でもピアノだとそういう響きにならない…ような気がします。

やっぱりギターの狭い音域の中で、テンション感とメロディとコード感を一度に演出するのは無理があるのかもしれません。

その反面、儚さ、脆さのような表現はギターの得意とするところ。ここはうまく使い分けです。

もうすぐ皆さんに、一つ作品をお見せ出来ると思います。お楽しみに。

Share on your SNS

大きいキャンバス

自宅スタジオが快適過ぎてついつい篭ってしまう。

備品を少しずつ揃えては無駄なものを捨てていく。これを繰り返してかなりスッキリとした空間になりました。

欲を言えば鍵盤は買い換えたいし、音源ももっと揃えたいしとやりたいことはいくらでもあるのだけど、限界があるからこそ工夫もするわけで。

とにかく今はピアノの練習!これに尽きます。

ギターの世界は鉛筆画。極めたなんて言うつもりは毛頭無いけど、鉛筆だけでここまで表現出来るの?というくらい、かなり追求してきた。そして今、ピアノの世界…例えるならば油絵の世界に挑戦している。そんな気持ちです。

鉛筆一本で頑張ってきたからこそ見える油絵の世界。今は大きいキャンバスに色とりどりの絵を描ける喜びにあふれています。

ギターアルバムを待ってくれている皆さんには申し訳ないけど…でもピアノであれギターであれ、僕の作品に変わりはありません。作曲家として、より可能性を感じてもらえるような方向に進んでますのでご期待下さい!

Share on your SNS

アドリブソロのコツ

ちょっと音楽的な話。ソロギターやってる方で、アドリブセッションが苦手な方ってよくいると思います。かくいう僕もそうでした。

アドリブをやるにあたってコードトーンは欠かせないと思うんですが、メジャー、マイナー、セブンス、マイナーセブン♭5と4種類あり、練習が大変だと思ってる人も多いのでは?そんな時はセブンスコードから始めると良いと思います。

結局、アドリブでミスしがちなのってセブンスコードの所なんですよね。他のところは適当にスケールで弾いててもそれなりに形になるけど、セブンスコードの部分、即ち終止形の部分はコードトーンを軸に考えないとパシッと決まらない。

ギターでアドリブを練習する時に、「ブルース進行で練習してみよう!」って教則本に書いてあるのをよく見かけませんか?僕も昔は「いやいや、なんでもかんでもブルースって…別にブルースギタリスト目指してるわけじゃないし」って思ってたんですよ。

でもよく考えたら、ブルースってセブンスコードしか出て来ないんです。つまり、ブルースをコードトーンで練習することでセブンスをマスター出来る。なるほどなぁと思いました。実際、僕もブルースのフォーマットで練習するようになってから、かなり意識が変わりました。

どんな楽器でも同じだと思います。アドリブやりたいならセブンスコードから!お試しあれ。

果物って見てるだけで元気出るなーっ。この時期みかんはいくらあっても足りません!

当ブログのブックマークも宜しくお願いします!

ライブ情報はこちらから!

ライブのご相談はこちらから!

住所登録はこちらから!

アーティストショップ(CD, TAB譜など)はこちらから!

Share on your SNS

生き残ること

ももちパレスロビーコンサート、たくさんのご来場ありがとうございました!あそこまで多くの方が来てくれたのは職員の方の継続の賜物。杉田さん、仁田野さんを始め皆さんお疲れ様でした。

何か新しいことを始めても、すぐに挫折しちゃったり手を抜いちゃったりするってあると思います。「毎日これをやるんだ!」と壮大な計画を立てても大体続きません。そして「うーむ、こんなはずでは…」となるのはよくある話。

壮大な計画はほとんどが皮算用で終わります。「一週間でこれだけ取り組めば、1ヶ月だとこうなる!」と言って目を輝かせながら計画を立てても、それを自分が実行出来るかどうか?僕はこの点においては自分を全く信用してません。ホント続かない。

そんな時はベビーステップ。つまりは超簡単なことから始めます。部屋を片付けようと思うなら、まずはその辺のチラシ類をパッと捨ててみること。楽器の練習なら、とりあえず手を楽器に触れさせてみること。

自分はその程度では満足しません!って人も、本当にそのモチベーションを明日も持続出来るか?というと結構怪しいと思います。

人と比べると更にツラくなります。あの人ならサクサクやっちゃうんだろうなぁ…と思うと妬み嫉みが出てくる。出来る人をあえてこき下ろして自尊心を保ちたくなる気持ちが芽生えてくる。言葉を発するのはラクだから、言葉で勝とうとするんですよね。でも本当に偉いのは手を動かせる人間です。

では、目標を達成するための、究極奥義は何か。それは「生き残ること」です。

毎日ほんの少しでもいいから、続けること。計画を遂行しようとするのではなく、「いかに辞めないか」を考えること。

もし本気で英語を習得したいなら、英語メルマガや英会話の番組なんかを見て「勉強してるふり」をするのはやめて、単語帳開きましょう。ギターなら新しいコードを一つでも。

歴だけが長くなってて恥ずかしい、なんて思わないこと。その時点で他人と比べてるんですから。歴だけが長い、結構なことです。それって生き残ってるんですから。長くやってれば、何かのきっかけで開眼するなんてこともありますよ。

当ブログのブックマークも宜しくお願いします!

ライブ情報はこちらから!

ライブのご相談はこちらから!

住所登録はこちらから!

アーティストショップ(CD, TAB譜など)はこちらから!

Share on your SNS