長い入院からようやく返ってきました。作り手である古谷武久さん本人の手で、見事に再生してきました。

じゃんっ。なんとも美しい…。楽器はやはり芸術品ですね。

実に3ヶ月の入院でした。長かった!

このギターの故障が、活動の方向性を変えた大きな要因の1つでした。

旅に生きるのも良いけれど、腰を据えて丁寧に作品作りをすることも大事。

久しぶりに弾くフルヤギターの音色はなんとも言えない深みと緊張感を湛えています。これぞ僕の求めていたサウンド。

これまで以上に大切にしていきます!古谷さんありがとうー!

楽曲制作・ライブのご相談はこちらから!

レッスンのお問い合わせはこちらから!

ライブ情報はこちらから!

Share on your SNS